資料の紹介

 働き方改革関連法の対象が、2020年4月、それまでの大企業から中小企業へと広がった。さらに新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、日本のビジネスパーソンの働き方は大きく変わる局面にある。

 しかし、労働時間とともに売り上げが減ってしまっては、賃金も下がってしまう。業務時間管理の強化が進む中で、これまでと同じ残業代を維持することも難しい。今後は、限られた労働時間で効率的に働き、売り上げを増やしていくことが求められる。

 本資料では、働き方に関する意識・実態の調査結果を紹介し、企業がこれから取り組むべき業務効率化と生産性向上を支援するクラウド名刺管理サービスについて提案する。社内に散在する名刺情報をデータ化して一括管理。これにより、会社の顧客情報や社員の人脈が可視化され、営業などの業務効率が飛躍的に向上する。名刺情報を広報、市場調査、開発部門など全社で共有し活用することで、新たな顧客ニーズの発掘が可能になり、ビジネスチャンスが広がるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。