資料の紹介

 顧客ニーズの多様化により、多品種少量生産への対応は珍しくなくなった。さらに最近では「変種変量生産」の需要も高まっている。コロナ禍による工場停止や生産計画の見直しなど、製造業の生き残りには臨機応変な生産環境の構築が必須となっている。

 IoT(モノのインターネット)技術の進化やコンピューター性能の向上により、製造業の現場でもデジタルツインが注目されている。実データに基づいて工場と同じ環境をデジタル空間に構築し、仮想空間でのシミュレーション結果から最適なものを選択して現場に反映させる。そして製造現場での結果とシミュレーション結果とのギャップ分析を続けることで、生産を最適化する。デジタルツインは、既存工場の改善だけでなく、新規工場の開設、設計工程、納入後の製品改善といった、あらゆる生産工程で活用できる。

 本資料では、デジタルツインの「最初の一歩」と、活用事例を解説する。製品ライフサイクルの初めから終わりまでデジタル化した事例では、従業員数を変えずに生産量を約8倍に増やし、1000種類以上の製品を生産可能にしたという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。