資料の紹介

 製造業の現場では、生産ラインの故障や定期メンテナンスで生じる非稼働時間を削減できれば生産性は向上する。そこで力を発揮すると期待されているのが、IoTを利用した生産機械や生産工程の監視ソリューションだ。稼働中の機械の状態を即座に把握し、不具合を未然に防止できる。

 しかし、いざ生産ラインにIoTを導入しようとしても、なかなか導入に踏み切れないケースが多い。IoT導入のノウハウ・知識不足のために、どのような機器やシステムを組み合わせればいいのか分からなかったり、開発の費用や期間の見込みが想定をはるかに超えてしまったりするからだ。

 本資料は、製造現場のデジタル化事業を展開するMAZINの「Zシリーズ」に関するものであり、IoT導入の悩みを解決するパッケージ化された「製造工程IoT化ソリューション」について解説している。工場単位でシステムを導入する大がかりなIoT化ではなく、生産機械・工程単位でIoT化する。このためスモールスタートが可能で、高い開発費や長い開発期間は不要だ。例えば「NC旋盤の工具異常の検知」では、電流センサーを設置し、稼働状態の監視・分析を可能にする「見える化」が50万円/台で実装できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。