資料の紹介

 経済産業省が2018年に公開したDXレポートで「2025年の崖」が有名になった。古い基幹システムを刷新しないと、2025年以降に日本経済が年間12兆円の経済的損失を被る可能性があるという指摘だ。現在、多くの企業が生き残りをかけ、古いITシステムの刷新に取り組んでいる。

 ところが、少なくない企業が刷新に取り組んですぐに行き詰まる。「最新の設計書が存在しない」という問題に直面するのだ。改修時にプログラムだけが変更され、設計書の更新が置き去りになっているケースは非常に多い。これでは、現行仕様の確認にすら手間取ってしまう。多くの企業は人海戦術でソースコードを読み解こうとするが、時間も労力もコストもかかる。

 本資料は、古いシステムの「最新の設計書が存在しない」問題のスマートな解決策として、ソースコードを機械的に解析して設計書を作成する方法を解説する。JavaやVB.NETなどのプログラミング言語ごとに用意されたリバースエンジンを用い、高速かつ高精度で設計書を作成する手法は、今から「2025年の崖」を越える有効な手段だ。ぜひ、その実効性を確認したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。