資料の紹介

 データが提供する事実に基づいて、戦略的な意思決定をする「データ駆動型」が注目されている。データ駆動型を採用した組織では、企業活動を通して収集したデータを分析、可視化し、サプライチェーンの最適化や新商品の開発、イノベーションの創出などに役立てている。

 データは企業内のあらゆる場所に存在する。データ駆動型の組織を目指すには、「データの俊敏性」を確保しなければならない。必要なときに迅速かつ容易にデータにアクセスして、意思決定上の意味を持った情報を得られる状態にするのだ。多くの企業はデータをデータベースに閉じ込めたままにしており、これだとデータの俊敏性は得られない。

 本資料では、データ駆動型企業に欠かせない「データに俊敏性を与える方法」と「ビジネスの俊敏性を実現するためのデータの利用方法」を詳細に解説している。その中で、ジョンソン&ジョンソン、ナイキ、Airbnb、T-Mobile、Netflixなどデジタル時代に成功を収めている企業の実例も紹介する。デジタルトランスフォーメーションに問題意識を持つあらゆる人にとって、参考になる情報が満載だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。