資料の紹介

 機械学習と人工知能が企業のさらなる発展に役立つことは間違いない。機械学習を適切な戦略で取り入れることにより、ビジネスの俊敏性向上やプロセスの合理化が可能になり、製品の開発や改善による収益向上、意思決定の迅速化および質的向上といった成果を手にできる。

 しかし、数十年もの歴史をもつ機械学習が、ビジネス変革のためのツールとして広く利用されるようになったのは、比較的最近のことだ。そのため、機械学習の導入や活用に関するベストプラクティスはまだ確立されておらず、導入に踏み出せない、あるいは導入したものの次の打ち手が分からず頭を抱えている企業は少なくない。

 本資料では、機械学習をビジネスに活用したいと考える企業向けに、ビジネスに機械学習が必要な理由から、導入方法、結果測定までを簡潔に説明している。あわせて、米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)や投資調査会社の米Morningstar、ソフトベンダーの米Intuitなどの取り組みも紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。