資料の紹介

 人材育成や配置転換、新たな技能習得計画など様々な人材管理に関わる意思決定。これらを事業のスピードに合わせて迅速に実行することが、企業の人材管理部門には求められる。

 そのためには、個々の直観や経験に基づく主観的な判断ではなく、信頼できるデータを集めて正しく分析する組織に変革する必要がある。正確な人材データを収集し、それをプライバシーやセキュリティに十分配慮しながら管理、必要な関係者にのみ適切に開示する能力が、人材育成に携わる全ての社員に求められる。

 本資料では、企業の人材管理部門を筆頭に、全社がデータ駆動型の組織として機能するための5つの重要事項を解説している。また、全社規模でデータリテラシーを鍛え、データを効果的に活用できる社員を1年で倍増させた企業の例も紹介。こうした組織改革に時間とリソースを投資することで、事業を成功に導く適切な人材開発が可能になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。