資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大によりテレワークの導入が急速に進み、働き方が激変した。感染拡大の第2波、第3波の可能性も否定できない中、こうした働き方は「ニューノーマル(新常態)」として定着していくだろう。

 ある人材雇用組織によると、労働環境の急激な変化により、自分の存在が忘れられたかのように感じているリモートワーカーが増えているという。このような社員の不安や恐れに向き合う組織は成功し、そうでない組織は衰退することが明らかになっている。限られたリソースで多くの成果を出すためには、社員のウェルビーイング(心身の健康と幸福度)と生産性のバランスを保つことが必要である。パンデミックの異常事態において、従来通りに物事を行うことはできず、経営モデルの見直しは必要不可欠だ。

 本資料では、社員ファーストのパラダイムに切り替える際の3つのテーマと、企業の人事リーダーが新型コロナウイルスによる危機的状況を乗り切るための6つのトレンドについて解説する。社員の働きやすさに加えて働きがいにも焦点を置いたウェルビーイングの実現から人工知能(AI)の導入まで、コロナ後にさらに企業が成長するための施策を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。