資料の紹介

 広範な領域で機器のデジタル化が進む現在、製品の差異化につながる重要な機能がソフトウエアに埋め込まれているケースが増えつつある。そこで問題になるのが、自社製品に搭載したソフトウエアがリバースエンジニアリングされて、独自の技術やノウハウが他社に流出してしまうリスクだ。

 ハードウエアに比べソフトウエアは、リバースエンジニアリングのハードルが格段に低い。リバースエンジニアリングを防ぐには通常、逆アセンブルや逆コンパイル後のコードの判読を困難にする「難読化」の技術を利用する。しかし、難読化は制御フローを複雑にするだけなので、時間をかければ解読できてしまう恐れがある。

 本資料では、多重に暗号化することにより、ソフトウエアのリバースエンジニアリングをより強力に阻止するツールの特徴や効果を紹介する。実行ファイルを同ツールで暗号化することにより、逆アセンブル(または逆コンパイル)やバイナリエディターによる静的解析から守る。さらに、デバッグ機能の停止や、メモリーへのアクセス阻止といった独自機能により動的解析も防ぐ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。