資料の紹介

 ビジネスを成長させ競争力を高めたい企業にとって、デジタル変革(DX)への取り組みは必須である。そうした企業では、「クラウドネイティブ技術」を導入してシステムの柔軟性や即時性、拡張性を向上させることが喫緊の課題と言える。しかし、ある調査によると、クラウド登場から10年が経つにもかかわらず、クラウドに移行済みの処理は20%に過ぎないという。

 クラウドへの移行を妨げている主な要因として挙げられるのは、クラウド間の移行や、管理・運用の一貫性に関する懸念だ。このほかにも、DX実現の道筋が分からない、技術の変化にスキルが追い付かない、運用に時間を取られ過ぎている、複雑なシステムが増え管理が難しくなっているなど、さまざまな問題点がある。

 本動画では、DXを目指す企業のクラウド移行を妨げる諸問題の解決策として、オープンなコンテナ技術によりアプリの可搬性を向上し、管理・運用も効率化するというソリューションを提案。その特徴やメリットを紹介する。DX実現に必要な機能群を含んでおり、開発スキルの統一や、オンプレミス/クラウドを問わない迅速なデプロイなどが可能になるという。


※ 本動画はネットワールドの提供で日本IBMのサービスを紹介するものです。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。