資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でテレワークが広がるにつれて、自宅の電気代を気にする人が増えてきた。外出自粛でインターネット依存が進み、停電発生による被害も大きくなると予想される。こうした背景から、太陽光発電システムの導入を検討する動きが広がっている。「再エネ100宣言 RE Action」を通してCO2削減に取り組む企業も増えている。太陽光発電設備を持つ施設として不動産価値が向上するというメリットも期待できる。

 太陽光発電の導入において高い投資収益率を得るためには、太陽電池モジュールの見極めが重要だ。初期投資額が低く、総発電量が多い太陽電池を選びたい。コストパフォーマンスの良さだけではなく、長期にわたる保証や実績も考慮する必要がある。

 本資料では、初期投資額の抑制や総発電量の増加を実現した、投資収益率の高い太陽電池モジュールを選定するためのポイントについて明らかにする。また、設置場所に応じた適切な太陽電池モジュールの選び方や、建築物の設計・建設・施工に関わる際に必要となる太陽光発電の知識、太陽電池モジュールの保証についても解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。