資料の紹介

 外食の自粛中、奮発して高級な食材を買って、普段は作らない料理に挑戦してみたものの、おいしくなかった。こんな経験をした人はいないだろうか。そのまま食べてもおいしいはずの食材なのに、料理はいまいち。下味のつけ方、包丁の入れ方、火加減など、ちょっとしたことが料理の出来を大きく左右する。料理上手は、ポイントを心得、必要な手間を欠かさない。

 機械学習でも同じことが言える。PoC(概念実証)として、データを集めて前処理をし、学習させてみたが、期待したような結果ではなかったというケース。これは前処理、例えば「アノテーション」(タグ付け)で失敗している可能性がある。適切なタグ付けができていないデータを使っても、正しく学習できないからだ。

 本資料は、アノテーションを専門スタッフにアウトソーシングするサービスを紹介する。アノテーションは煩雑な上に、ノウハウが求められる作業だ。自社社員が片手間で作業したり、アルバイトを雇って作業させたりしても、うまくいかないことが多い。社外のプロに任せることで、コストと作業負荷を抑えた効率のよいシステム開発が実現できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。