資料の紹介

 ビジネスをとりまく環境の変化はめまぐるしく、最近ではコロナ禍がこれに拍車をかけている。こうした中、業務負荷を軽減し、付加価値の高い仕事に時間を割けるようになるとの期待から、急速に普及が進んでいるのが、パソコン操作をソフトウエアのロボットで自動化するRPA(ロボティックプロセスオートメーション)だ。

 しかし、いざRPA導入、となるとさまざまな課題にぶつかる。国内外に多数あるRPAツールのどれが自社に合うのかが分からなかったり、どの業務をRPA化するのがよいのか分からなかったりする。加えて、思いのほか開発が難しい、ロボットの稼働が安定しないなど、使ってみて初めて分かる問題もある。

 本動画では、業務改革の専門家とRPAツール専門のエンジニアが、RPA導入を成功させるためのポイントを解説する。「何をRPA化するのか」「誰が開発するのか」「エラー時の対応は」など10の課題を挙げたうえで、IT部門が考えるべき段取りや支援体制、ツール活用の実際と運用上の注意点などについて、食肉専門卸フードリンクでの取り組みを例に、具体的に説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。