資料の紹介

 日々の業務の中で、同じ作業の繰り返しに時間を取られ、やりたい業務に時間を割けていない――。多くのビジネスパーソンはこうした悩みを抱えている。Excelを使った集計やデータ入力などの事務作業は繰り返しが多く、本当に必要な分析や企画に費やしたい時間を奪っていく。しかも、そうした事務作業はミスが許されないためストレスが大きい。

 こういった課題の解決策として期待を集めているのが、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)である。大手を中心にIT部門主導で導入する企業も増えてきた。その一方で、IT部門主導ではRPAの導入に踏み切れないという声もある。「ひとり情シス」「ゼロ情シス」という言葉もあるように、そもそもIT部門の人手が不足している企業が少なくないからだ。

 本資料では、そもそもRPAとは何か、RPAの効果的な使い方の例を解説し、数時間の学習で簡単に始められる新しいRPAツールを紹介する。ツールの特長を生かすと、業務部門主導でもRPAを導入できる。現場の業務を見直し、人手不足や時間不足で後回しになっていた業務に着手するためのヒントを、本資料で確認してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。