資料の紹介

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、企業のサプライチェーンは破壊的なダメージを受けた。一時的な現象ではなく、今後もパンデミック、地政学的緊張、気候変動の影響で、予測不能な変化や混乱が起こる可能性がある。企業はそうした事態に陥っても事業を継続できる、新たなサプライチェーンマネジメントの構築を求められている。

 特に重要なのが「迅速に方向転換」する能力を持つことだ。そこで欠かせないのが、デジタルテクノロジーの活用となる。最新の情報に基づいて迅速に意思決定する、サプライチェーン全体を可視化してリスクを早期に見つけ出す、意思決定のスピードと予測能力を高める――。データ処理基盤、IoT、AI、ブロックチェーンなどの技術を活用すると、こうした今までできなかったことができるようになる。

 本資料では、コロナ禍のような想定を超えた変化に対応できる、新しいサプライチェーンマネジメントの姿を示す。その構築に向け、デジタルテクノロジーを活用した変革(DX)に取り組むべき3つの領域を詳しく解説する。いずれも容易ではないが、だからこそじっくりと考えたいテーマだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。