資料の紹介

 米中貿易摩擦の緊張感は高まる一方だ。事態によってはサプライチェーンに大きな影響があるという企業も多い。サプライチェーンに迫る危機はそれだけではない。感染症や自然災害のリスクもある。工場や調達先、販売先が世界中に広がっている現在、大きな変化に素早く対応できる柔軟なサプライチェーンの構築が必要になる。

 不確実性の高い時代にサプライチェーンのパフォーマンスを最大化するには、3つの戦略が欠かせない。(1)的確かつ迅速な意思決定の促進、(2)プランニングの連携と加速、(3)透明性の向上と信頼の構築――だ。これらの戦略を実行している米国のストレージ製造企業は、貿易禁止などの緊急時においても迅速に優先順位を割り出し、最適な調達先や経路に切り替えられるようにしている。

 本資料では、大きな変化に備えつつサプライチェーンのパフォーマンスを高める「3つの戦略」を解説する。さらに各戦略を実現する手段として、AI、IoT、ブロックチェーンといったデジタル技術をどう活用するのかを説明する。併せて、そうした最新技術の導入を容易にするクラウドサービスを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。