資料の紹介

 基幹システムの再構築はIT部門にとっては大仕事だが、業務改革のよい機会でもある。業務改革に取り組む企業の多くが、基幹システムのデータをいかにして有効活用できるようにするか、という課題に直面するからだ。

 実際、基幹システムを再構築する際に、「自社に最適なデータ活用環境を構築したい」「現場への情報提供を円滑にしたい」と考えて、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを新規に導入したり、既存ツールをリプレースしたりする企業は多い。だが、ここで問題になるのが、どんなBIツールを採用すればよいのかということだ。

 本資料では、基幹システム再構築に取り組む企業向けに、データの取得のほか、集計表の作成といった帳票データ出力を強みとする「帳票系」BIツールに求められる3つの特性について解説する。さらに、具体的な選択肢として、「IT部門に頼らないデータ活用」「市場やニーズの変化に対応する柔軟性」「構築~運用フェーズのコスト削減」を特徴としてうたう帳票系BIツールを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。