資料の紹介

 AI(人工知能)技術が急速に発展し、AIシステムが様々な分野で活用されるようになってきた。AIシステムの実現には、大量のデータを迅速に処理可能なハードウエアの開発が不可欠となる。AIシステム内での計算量は3.5カ月で2倍に増え続け、現在のシステムの計算量は2012年に比べて30万倍に増えているとの調査結果もあり、さらなる高速なAIチップやAIアクセラレーターが常に求められている。

 そこで、既存の半導体企業に加え、50を超える新興企業が現在、AI機能を搭載した様々なチップの開発を進めている。その手法は、超並列アーキテクチャーをベースにしたASICから、既存のCPUやGPU、FPGAをAIシステム用に最適化したものなど様々だ。いずれも最先端技術を使った数十億ゲートの大規模設計となっており、それらの設計から製品化までを、高品質かつ市場の求めるタイミングに合わせて迅速に進める必要がある。

 本資料では、こうした過酷なAIチップ開発を支援する設計テストツールを紹介する。AIチップの特性を利用して、設計から検証までの最適化と作業効率化を行い、より迅速な市場投入を支援するものになっているという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。