資料の紹介

 今回の新型コロナウイルス感染拡大で、企業はテレワークを中心とした在宅勤務へとワークスタイルの変化を余儀なくされた。今後のアフターコロナの世界においては、在宅勤務はもちろん、ワーケーションをはじめとする多様なリモート環境で仕事をすることが当たり前となっていくだろう。

 しかし、リモートワーク環境からVPNで本社のプロキシサーバーにアクセスし、インターネットにつなげるという現状のシステム構成では、リモートからのアクセスが増えると本社の帯域負荷が増大してレスポンスが悪くなり、従業員の生産性が低下しかねない。かといって、リモート環境から直接インターネットにつなぐのはセキュリティリスクが大きい。

 本ウェビナー動画では、テレワーク環境における業務効率とセキュリティの課題解決に向けた新たな仕組みを提案。どこからでも、どのデバイスでも、どこへでも高速で安全なインターネットアクセスを可能にするセキュアWebゲートウェイと最新のセキュリティ強化対策を統合した「クラウドネイティブWebセキュリティ」によってどのように実現するかを解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。