資料の紹介

 製造業でAI(人工知能)の活用が拡大している。まず、人手不足や高齢化への対策として注目を集めた。ベテランが担当していた不良品検知や製造工程の最適化をAIに肩代わりさせる。さらに、歩留まり、設備保全、需要予測の改善にAIを使う企業も登場しつつある。従来は勘や経験に頼っていたが、AIを活用するとデータに基づいた意思決定ができる。

 こうしたAI活用の前提となるのが、膨大なデータだ。現在は業務システムで保存しているデータを分析する場合が多いが、今後は契約書や見積書、設計図面、画像、動画、センサーデータ、Webログなどの重要性も高まっていく。後者は「非構造化データ」と呼ばれ、AIで取り扱いやすい状態で保管できている企業は多くない。

 本資料では、AI活用で求められるストレージの条件を解説する。大量のデータを収集・保管・分析しなければならないAIでは、対応プロトコル、処理速度、拡張性など様々な要件を満たす必要がある。AIを活用する基盤の構築に不可欠な資料として、ぜひチェックしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。