資料の紹介

 オフィス勤務はテレワーク、工場勤務は現地へ出勤――。コロナ禍のなかでこうした光景が続出した。事務部門を羨む気持ちで見ていたメーカー技術者も多い。しかし、こうした状況を過去のものにするデジタル技術が登場している。CADなどのエンジニアリング系アプリケーションを仮想デスクトップ(VDI)環境で実行する「eVDI」だ。

 VDIは、オフィスソフトや業務システムを使う事務部門では一般的になってきている。だが、製造業の技術部門では、大手を除きあまり導入が進んでいない。仮想環境上でのアプリの動作や他のVDIユーザーに対する負荷の影響などが懸念材料となっていたからだ。現在は技術革新やコストダウンで懸念が払拭され、以前よりも容易に導入できるようになっている。

 本資料では、eVDIをユーザーが快適に使えるようにする手段としてHDI(Hosted Desktop Infrastructure)方式を提案する。HDIではユーザーごとに専用のリソースを用意できるため、遠隔地でもファットクライアント同様のパフォーマンスを出せるという。このほか、サイジングが不要、従来の運用管理ノウハウが生きる、といったメリットについて説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。