資料の紹介

 IoT(モノのインターネット)時代を迎えて、工場の現場や各種施設などの「エッジ」にある様々な「モノ」から得られるデータを、素早く効率的に取得・分析・処理するエッジコンピューティングの重要性が高まっている。そのためには、エッジからデータセンター、クラウドまで接続できるデジタル基盤を検討する必要がある。

 エッジで得られる情報をフル活用するうえでカギになるのは、データセンターやクラウドで実行している処理を、エッジでも実行できるようにすること。そのためにはまず、工場などの過酷な環境に耐えられる頑丈なきょう体に、企業ITで使われているものと同様の処理性能、ストレージ、管理およびセキュリティ機能を備えたシステムをエッジ側に構築する必要がある。

 本資料では、エッジからの情報をフル活用することを目的とした、エッジシステム向けの新しい製品群を紹介する。制御システム、データ収集システム、産業用ネットワークといった「OT(オペレーショナルテクノロジー)」とデータセンターなどで使われているITの機能を単一のきょう体に集約することで、導入も管理も容易になるほか、運用管理のノウハウ共通化といったメリットもあるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。