資料の紹介

 チャットなど様々なコミュニケーションが普及してきたものの、まだまだ情報共有の手段として「メール」に頼らざるを得ない。電子メールのファイル添付機能を使った送受信は、データを手軽にやり取りできる便利な手段だ。しかし、いくつもの課題があり、各企業は仕組みではなく「ルール」を設けて対策せざるを得ない現実がある。

 添付ファイルはあらゆるユーザーの手元に複製され、ディスクを圧迫し、送信側にも受信側にも負担になっている。さらに、情報漏洩事故の最大の原因は宛先や添付ミスによる誤送信と言われている。しかし、その対策は事故発生の確率を下げるものでしかない。ポップアップで注意喚起しても、パスワードを別送するようにしても、事故はなくせない。その上、パスワード付きZIPファイルにマルウエアが含まれていても、メールサービスでは検知できないリスクもある。このように、多くの企業ではセキュリティも利便性も同時に損ねてしまう、形だけの対策が採用されているのが現状だ。

 本資料では、現在利用しているクラウドストレージと組み合わせることで、ユーザーが今まで通り意識せずにメールを安全に活用できるソリューションを紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。