資料の紹介

 長らく業務用PCのOSとして使われてきたWindows 7が2020年1月にサポート終了を迎え、Windows 10が本格的に使われるようになった。Windows 10の最大の特徴の一つに、WaaS(Windows as a Service)という概念のもと、バージョンアップにも匹敵する大規模なアップデートが定期的に実施されるようになったことが挙げられる。

 しかし、この方向転換に不安を感じているIT部門の担当者は多い。半期ごとにリリースされる「Feature Update」は、Windows 10に新機能や新しいデバイスへの対応を追加する大型アップデートで、従来の「サービスパック」に匹敵する。管理者にとっては、新しいバージョンでの各種動作検証やマスター管理などの負担が増えることになるからだ。

 本資料は、Windows 10パソコンの運用を円滑に進めるためのノウハウを30ページほどにまとめたガイドブックである。Windows 10のアップデートについての基礎知識に始まり、運用における課題、マスター管理、必要とされるディスク容量やネットワーク帯域、効率よくアップデートを行うための準備などについて詳しく説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。