資料の紹介

 少し先の将来も見通せない状況にある現在、意思決定とその後のアクションを改善するために、データとアナリティクスがますます重要になっている。「データは新しい石油」「データは資産」などと以前から言われてきたが、多種多様なソースからデータを入手できる今日の企業にとって、データは生存と繁栄に不可欠な「新しい水」とも言うべき存在だ。

 しかし、データを集めるだけでは成果は得られない。データ、インサイト(洞察)、アクションの間のギャップを埋めるのは、一体化したデータと分析環境である。集めたデータを、意思決定の改善と収益向上に有用な知見へと変換する必要がある。

 本資料では、世界11か国、1200社の意思決定者を対象に、(1)データの特定・収集・変換・分析手段と意思決定の優劣の関連性、(2)意思決定と事業価値への効果との関連性について調査した結果を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。