資料の紹介

 製品の安定供給は企業の生命線だ。わずかな出荷の遅れによって、ユーザーの信頼を失うことは少なくない。業績にも影響するため、企業は製品の安定供給に全力で取り組む。

 例えば自動車の安定供給では「倉庫管理システム」がカギを握る。数多くの部品・用品の入荷管理、世界中のディーラーからの注文に対する出荷管理、そして倉庫内での在庫・配置管理を担うシステムだ。これをオンプレミスで運用し、止まることがないようにハードウエアを冗長化して、高可用性を実現している自動車メーカーは多い。ただ、トラブルが発生すると、ハードウエアを切り替えるために長時間システムを止める必要があった。

 本資料では、倉庫管理システムをクラウドに移行しながら、高可用性を維持しつつ、トラブル発生時のシステム停止時間の大幅短縮を実現した、三菱自動車の事例を紹介する。同社が導入したシステムの概要と運用状況、導入の決め手となったソフトウエア、そして予期せぬコロナ禍で享受したメリットについても解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。