資料の紹介

 「ニューノーマル(新常態)」の時代を迎え、企業のITインフラは、「働き方改革」やデジタルトランスフォーメーションを加速させる役割が強く求められている。さらに、人手不足の中で運用負荷を軽減し生産性を向上することに加え、毎年のように襲来する自然災害に備えたBCP(事業継続計画)対策も欠かせない。

 そうした中、注目されているのがハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)だ。サーバー仮想化ソフトとストレージ仮想化ソフトを組み合わせて実現するHCIは構成がシンプルで導入しやすく、従来の仮想インフラ統合管理ソフトを使って容易に運用できる。分散ストレージなのでI/Oの競合や逼迫が起こりにくいこともメリットだ。

 本資料では、運用省力化とBCP対策の強化を両立するための手段として、新しいITインフラ技術であるHCIを提案。機能強化の最新動向とシステム構築のポイントを解説する。ストレージ仮想化ソフトを使って離れた拠点間で単一のクラスタを配置し、完全同期してミラーリングすることで、効果的なBCP対策が可能という。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。