資料の紹介

 自動車産業は大きな変革期にある。自動車メーカーが新しい移動手段を次々と開発する中で、例えば新世代の電気自動車が開発されれば、その特性に合ったタイヤが必要になる。自動車メーカーだけでなく、自動車産業を支える多くの業界にもイノベーションの加速が求められている。

 こうした自動車業界の変革に対応するためには、どうすれば良いか。タイヤメーカー大手のTOYO TIREは、商品開発のスピードを向上させる基盤として、さまざまなシミュレーションプロセスと、そこで得られた情報の管理を行うSPDM (Simulation Process and Data Management)システムの開発に注目した。

 本資料では、同社が開発したSPDMシステムと、そこで採用されたPLM(製品ライフサイクル管理)プラットフォームについて解説する。SPDM構築によって、過去の設計データや試験結果、シミュレーション結果などを1つのプラットフォームで扱える環境を整備した。研究開発チーム内でノウハウを迅速に共有できるようになった結果、設計プロセスを効率化でき、開発期間を25%ほど短縮することができたという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。