資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性は、多くの企業が認識している。しかし、なかなか進んでいないのが日本の現状だ。社内システムを外注に頼ってきたことが障害となって、DXの鍵を握るデータ活用が進んでいない企業は多い。

 活路は内製化にある。ただし、一足飛びに社内のシステム部門にコーディングできる開発体制を整備するのは無理がある。そこで効果を発揮するのが、既存の基幹システム内のデータを生かしながら、コーディングスキルのないシステム部門であっても負担なくシステム開発が実施できるデータ連携ツールだろう。こうしたツールを使うことで、基幹システム内のデータを他のシステムに展開するなど、データ活用を前に進められるようになる。

 本資料では、DX推進の鍵を握るデータ連携ツールについて解説する。プログラミング不要でデータ連携ができるツールを利用すれば、現場や顧客の要求に応じたシステムを、自社にとって使いやすい形で素早く柔軟に内製できるようになる。こうしたシステム開発の内製化によってDXを加速した企業の事例も紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。