資料の紹介

 働き方改革や生産性向上の取り組みのなかで、多くの企業が注目しているツールがRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)だ。RPAを使うと、人がPC上で実施していた作業をそのまま自動化できる。業務の効率化を狙って先進的な企業で導入が進んでいる。

 しかし、実際に導入した企業からは「うまくいかない」という声も聞こえてくる。最大の理由は、RPAが“例外”に弱いこと。名簿システムから会員情報を取り出して転記するRPAロボットを作っても、実際に動かすと「長すぎる氏名に対応できない」「バッチ処理中に動かすとエラーになる」など問題が次々と出てくる。その結果、修正工数がかさんでしまったり、設定が複雑化してメンテナンス工数が大きくなってしまったりする。

 本資料では、RPAの導入を失敗させない方法として、適材適所の自動化を推奨している。RPAの得意・不得意を見極め、不得意領域ではRPA以外の手段を用いるやり方だ。資料では具体的な自動化手段や、その得意・不得意を紹介している。RPAの運用に悩んでいる企業はもちろん、検討中の企業もぜひ参考にしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。