資料の紹介

 業務効率化は喫緊の課題だ。日本企業の労働生産性の低さは以前から指摘されてきたし、生産人口の減少・コロナ禍といった外的要因もある。データやデジタル技術を活用して変革するDX(デジタルトランスフォーメーション)が不可欠になる。大企業だけでなく、中小企業も同様だ。

 DXでは、社内のデータを利活用できることが重要だ。しかし、業務ごとに導入されたシステムがサイロ化し、データ連携が困難で利活用できないケースが多発している。壁を打破するには、システム間のデータを柔軟に連携させる仕組みが必要だ。また、データ連携の設計をSIerに丸投げすると時間がかかる。内製で素早く設計して実装するほうがDXは成功に近づく。

 本資料では、データ連携のためのシステム基盤を「デジタル・ビジネス・プラットフォーム」と定義し、それが必要となる理由や機能を解説する。データ連携の“ハブ”となるうえ、データの変換やマッピングなどをノーコードで設計・実装できる製品も紹介する。システムのサイロ化に悩むCIOやDXの責任者はぜひチェックしておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。