資料の紹介

 企業や社会全体をデジタル技術で変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)が叫ばれる中で、工場や社会インフラを制御する機械や装置類でもデジタル化が進んでいる。同時に、それらを使ったデータ収集とデータ活用への期待が高まっている。

 データの収集・活用を効率的、効果的に行うためには、AIを使った機械学習や数値計算、データ解析などの導入が不可欠となる。制御機械や装置の開発では、論理回路を記述するためのラダー言語が使われてきた。しかし、AIアプリケーション開発に向けて、現在はLinux上でPythonや各種AI関連ライブラリーを利用する方法が主流となっている。

 本動画では、LinuxやPythonに対応する産業用コントローラーの特徴について紹介している。例えば、AIアプリケーション開発に向けたライブラリパッケージを多数取りそろえるほか、各種の入出力モジュールなどを用意して、効率的なデータ収集と解析を可能にするエッジコンピューティング環境を実現しているという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。