資料の紹介

 テレワークの導入が広がったことで、プロジェクト管理の課題が顕在化してきた。例えば、メールやチャットでの曖昧な表現によって誤解が生じる。また、メンバーの状況が見えづらいことで、進捗の遅れや品質の低下がギリギリになって発覚する。このように、テレワークの非対面のコミュニケーションが要因となって、プロジェクトがうまく進まないことが増えている。

 そこでプロジェクトリーダーには、コミュニケーションの活発化や、プロジェクト管理の標準化と見える化を適切に行うことが求められる。こうした役割を果たすには、プロジェクト管理手法を知っておくことが重要である。しかし、テレワーク下の今、こうした技法を習得し適用するだけで、プロジェクトが必ず成功するというものではない。

 本資料では、テレワーク時代のプロジェクトリーダーに求められる役割やスキルについて解説する。テレワーク下における、従来のプロジェクト管理手法の注意点についても説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。