資料の紹介

 新型コロナウイルスの影響で、多くの企業が業務のあり方やプロセスの見直しを迫られている。そうした業務改革の手段として、AI(人工知能)が注目を集めている。ただ、AIの本格導入まで至っている企業は多くない。扱える人材が少ないからだ。

 これまでは、統計学や機械学習などのデータサイエンスのスキル、必要なデータを準備できる既存システムへの知見を併せ持った人でないと、アイデアをAIに実装するのが難しかった。ところが、最近はツールが進化。特別のスキルや知識がなくても、精度の高いAIモデルを開発できるようになっている。

 本資料では、特別なスキルがなくても精度の高いモデルを開発できる、最新のAIプラットフォームについて解説している。顧客情報を基に成約率を予測したり、転記や曜日を基に販売数を予測したりといったAIモデルを容易に開発できる。AIが気になっていたものの、スキル不足や人材不足で踏み出せないと考えていた企業は必読だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。