資料の紹介

 工場などの現場では、人工知能(AI)や数値計算、データ解析の活用によって生産性を向上したいという要望が増えている。一方、PythonやAI関連ライブラリーを活用することによって、誰でも手軽にAIアプリケーションを開発できるようになってきた。

 しかし、開発したAIアプリケーションを実際の生産設備や製造装置に適用しようとすると、様々な制約に直面することになる。例えば、入出力端子が少ない、アナログ入出力ができない、といった制約である。

 本資料では、汎用LinuxとPythonをサポートした、AIアプリケーション開発が可能な産業用コントローラーについて紹介している。そのメリットが、ラズベリーパイなどのシングルボードコンピューター、計測器、PLC、産業用PCのそれぞれと比較する形で示されており、理解しやすい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。