資料の紹介

 仕入れや販売など、会社で行われる様々な取引内容を端的に表す勘定科目は、経理担当者にとって日常的に触れているものである。しかし身近過ぎるが故に、体系的に学んだことがない経理担当者も多いのではないだろうか。経理担当者として、主要な勘定科目の意味を把握するのは基本中の基本である。

 本資料で解説する、代表的な決算書である貸借対照表や損益計算書を構成する5つのグループ「費用」「収益」「資産」「負債」「純資産」は、普段使っているすべての勘定科目の土台となるものだ。これらの意味をしっかり把握していれば、決算時に必要な決算書類をスムーズに作成できるようになる。

 本資料では5グループのそれぞれの意味と、それらに属する代表的な勘定科目を解説している。さらに、会計業務の最適化、効率化を支援するツール類についても紹介されている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。