資料の紹介

 オンライン社会が日常化した現在、Webサイトのユーザー体験が売り上げや企業イメージを左右するようになった。例えばECサービスの場合、商品選択から購入までの間にわずかな不具合があるだけでユーザーが離脱する可能性が高まる。不具合が重なれば売り上げが減少するばかりか、企業のブランドイメージを損なうことにもつながってしまう。

 不具合をつぶす重要な工程がソフトウエアテストだ。Webサイトは入念なテストを経て公開されるが、テスト内容が適切なものかどうかはまた別の問題。何となく引き継がれたマニュアルに従ったり、属人化した経験と勘に基づいてテストを行ったりと、実は十分なテストができていないことも多い。

 本資料では、Webサイトのテストについて、ソフトウエアテストに精通したプロが解説する。不具合を効果的につぶすには、実施するテストの内容を決める「テスト設計」が最重要だ。漏れ、抜け、無理、無駄のないテスト設計にするワザを解説する。さらに、プロの手法をパッケージ化したサービスを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。