資料の紹介

 CO2排出量の削減や燃費改善など、クルマに対する環境規制は世界的に厳しさを増している。対応策の1つがマイルドハイブリッド車(マイルドHEV)だ。特に2021年から規制が強化される欧州では、48VマイルドHEVが増えている。

 48VマイルドHEVは、48Vリチウムイオン充電池を搭載し、電動モーターによりエンジンの負荷を軽減して、CO2排出量の削減を図る。バッテリーで走行する電気自動車やストロングハイブリッド車に比べると、従来のクルマとの違いは小さく、比較的簡易な改良でCO2排出規制に対応しやすいとされる。48VマイルドHEVの開発では、エネルギー損失が少なく、小型でコスト効率に優れたパワー半導体などの電子部品を選ぶことが重要だ。

 本資料は、48VマイルドHEVとその電気系システムの基礎をQ&A形式でまとめたものである。48V系が採用される理由や、48V系システムの構成、そこで必要となる電子部品と部品選択のポイントについて、車載電気系システムの専門家が解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。