資料の紹介

 モーターを搭載した機器は壊れやすい――。製造業に従事していれば多くの人が実感していることだろう。ただ、そうした機器が生産の要であることも少なくない。故障すると生産がストップしたり、最悪、生産遅延に起因する損害を負担しなければならなくなったりする。

 検査や修理はもちろん重要だが、そのために頻繁に停止するわけにはいかないし、検査や修理にもコストがかかる。それを解決するため以前から多くの監視技術が開発されてきた。その1つが振動監視だ。モーターの回転や材料の切断に伴う振動を常時監視し、故障の予兆や部品交換の時期を予測する。ただ、従来の監視装置は解析精度が低く、企業が求める十分な機能を備えていなかった。

 最近は、センサー技術とクラウドの進歩により、24時間リアルタイムで振動を計測し、高精度で分析できる装置が登場している。本資料では、その最新情報を解説する。また、この装置を使ってポンプのリモート監視システムを構築した企業の事例も紹介する。DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む製造業企業には、ぜひ参考にしてもらいたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。