資料の紹介

 現在の自動車業界は、100年に一度ともいわれる変革期にある。自動運転を実現する新しいテクノロジーが日々進化し、電動化の流れも加速している。それに伴い、自動車部品や車載機器の設計・製造プロセスはますます複雑化している。

 もちろん、設計の効率化のために様々な施策は取られてきた。しかし、それらの多くは、部門や業務ごとに部分最適化され、システムのサイロ化を招き、かえって設計者の負担を増やす結果になっているケースも多い。これを解決するには、設計者やエンジニアが共同作業を行い、情報も簡単に共有できる単一のデジタル環境が必要である。

 本資料では、プロジェクト管理や3D設計・シミュレーションなどの機能を搭載する、包括的な単一の設計・製造プラットフォームについて解説。その導入事例を紹介している。導入した車載機器メーカーのアルプスアルパインによると、設計、エンジニアリング、製品管理の各担当者が1つにつながり、データも一元化管理されたことによって、チーム内で情報を共有し、業務の割り振りがしやすくなり、製品開発を加速できたという。国を超えた情報検索による迅速なやり取りも可能になったとする。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。