資料の紹介

 クラウド全盛時代だが、セキュリティやパフォーマンスなどであえてオンプレミス(自社所有)を選択する企業も少なくない。ここで注意すべきは、ITインフラの選び方。サーバーやストレージといったオンプレミス環境向けITインフラは長足の進歩を遂げている。

 特に注目されているのが、仮想化技術を活用してサーバー、ネットワーク、ストレージを1つのハードウエアにまとめた「ハイパー・コンバージド・インフラストラクチャー(HCI)」だ。導入が簡単で運用も容易、かつ拡張性も高いことから、多くの企業で導入が進んでいる。ただ、「HCIは自社の要件とフィットするのか」「どのHCIを選ぶべきか」といった選択のポイントはあまり知られていない。

 本資料は、ITインフラの検討時に役立つHCIの基礎知識と具体的な選択方法を解説している。内容は機能、拡張性、ライセンス、バックアップ、運用ツール、保守・サポート体制、ユーザーコミュニティ、コンテナ対応など多岐にわたる。HCIの基本はこれ1冊で理解できるはずだ。実践的なHCIの選択・導入ガイドとして、ぜひ手元に置いておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。