資料の紹介

 準天頂衛星「みちびき」を利用した衛星測位システムにより、従来のGPSだけでは難しかった、高精度で安定した衛星測位システム(GNSS)が利用できるようになった。これによって得られる高精度の3次元位置情報を活用すれば、製造や物流の業務を効率化できる。例えば、現場での物や車両の管理などへの活用が可能だ。

 GNSSとITによる業務効率化は、既に建設・土木の分野で実績がある。例えば、タブレット端末やサーバーを導入して施工情報の記録や管理、帳票の自動作成を行っている現場に、GNSSで得られる位置情報を活用する。そうすることで、作業実績を地図上に見える化したり、図面データへ施工位置を反映したりする作業を自動化できる。

 本資料では、GNSSの導入によって現場の業務を効率化した事例について紹介している。道路舗装や地中埋設工事といった具体的な施工現場の事例に基づいて、どのように効率化が図れるのかを解説する。建設・土木分野での活用事例は、GNSSとITによる業務効率化を考えている製造・物流など建設以外の分野の企業にとって参考になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。