資料の紹介

 LAN配線システムを新規構築、移設、増設する際には、その性能が各種規格を満たしていることを確認する認証試験が実施される。この認証試験は、官公庁では必須となっているほか、民間の施設でも幅広く実施されている。

 では、その認証試験は、どのような規格を基に、どのように進められるのだろうか。こうした知識は、実際にLAN配線システムの施工を行う技術者のみならず、発注側の官公庁や企業のネットワーク管理者にとっても有用となる。認証試験後に発行される各種書類の見方が分かれば、施工が正しく実施されたことに加え、その性能についても数値レベルで認識できるようになり、将来のシステム改善計画も立案しやすくなるからだ。

 本資料では、こうしたLAN配線システムの認証試験に関して知っておくべき各種規格の概要や、試験内容について解説する。これを読むことで、試験仕様書の記載項目から、具体的な試験方法、試験後に発行される報告内容まで、認証試験に関する一連の知識を得ることができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。