資料の紹介

 2021年6月から、原則としてすべての食品等事業者を対象とした衛生管理の新制度が完全施行される。衛生管理手法「HACCP」に沿って、衛生チェックをより厳しく実施し、管理状況を記録・保存しておくことが必要になる。

 チェック項目が増えれば、ヒューマンエラーも増える。細かな作業は、デジタル技術を活用するのが効果的だ。破損や紛失、食品に触れる危険性のある紙のチェックシートは廃止して、帳票は電子化し、機械の異常検知もデータを自動で取り込めばよい。電子化すれば、現場から離れた場所でも確認できるようになる。クラウドサービスを利用すれば、チェックシートの保管場所にも困らない。

 本資料は、食品製造・飲食業向けの電子帳票ソリューションと、その導入事例を集めたものだ。FAXや電話、紙を使った業務が多く残る業界だが、Excelをベースにした電子帳票に変えることで、効率化やコストダウンなど多くのメリットが生まれるという。タブレット端末を使った入力作業ならば、パソコン操作が苦手な従業員にも導入しやすい。人手不足の解消にも役立つ手段と言えそうだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。