資料の紹介

 製造業の現場の生産能力を向上させるにはどうすればいいか。以前は、工作機械や製造装置など生産ライン上の設備の性能が、そのまま工場全体の生産力や品質に反映されていた。しかし近年では、設備やラインの円滑で効果的な運用により工場全体のパフォーマンスを向上させる考えが重視されるようになってきた。

 それを実現するためには、ラインを熟知して日々微調整を繰り返す改善が必要だが、こうした運用はこれまで熟練技術者の勘と経験に任されていた。ところが、少子高齢化が進む日本の製造現場では、熟練技術者の不足が顕在化しつつある。その不足を補う切り札として期待されているのが人工知能(AI)だ。

 本資料では、製造業の生産現場へのAI導入について解説する。AIを活用してコスト削減や品質向上に成功した液晶パネルメーカーや鉄鋼メーカーの実例、AI導入で失敗を招いてしまう3つの原因、システムベンダーなどのパートナーを選ぶ際の選定基準など、製造業のAI導入を成功させるポイントについて解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。