資料の紹介

 コネクテッドカーや自動運転など、次世代の自動車に向けた高速車載通信技術として世界中の自動車メーカーの注目を集める車載Ethernet。これを導入する際には、自動車システムの中核であるECU(統合電子ユニット)との通信がプロトコル仕様にのっとって正しく行われているか、十分な性能が得られるか、セキュリティ対策は講じられているかなど、様々な試験を実施する必要がある。

 また、車載Ethernetでは、従来のEthernet機能を産業用途の通信に拡張するための技術として、リアルタイム性を確保し信頼性を高めるTSN(Time Sensitive Networking)が追加されている。今後の車載Ethernet対応においては、このTSNに関する検証環境も用意しておく必要がある。

 本資料では、こうした車載Ethernetの性能や機能を確認するための各種試験を支援するツールを紹介する。次世代の自動車開発に欠かせないECUの規格適合性試験や各種性能試験、TSNのデバイスやネットワークの性能検証を実施できるツールである。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。