資料の紹介

 2020年、新型コロナウイルス感染症のパンデミックに伴い、従業員の働き方は一変した。テレワーク勤務やオンラインでの会議/打ち合わせが常態となるなか、人との対話が減少し、一体感やチームワーク、さらにはモチベーションの低下も引き起こしかねない状況になっている。

 加えて、リモートワークでは管理者の目が届かないため、従業員の労働時間を正確に把握することが難しくなる。こうしたニューノーマルの時代を迎えた今、適正な労務管理だけでなく、多様な働き方を柔軟に管理し、個人の精神状態もケアできるような就業管理の仕組みが必要になりつつある。

 本資料では、リモート勤務など多様な形態を想定したクラウド型の就業管理サービスを紹介する。勤務情報を集約したホーム画面、月平均残業時間を随時一覧できる管理者向け機能、勤務者のフォロー支援機能など特徴的な機能のほか、実際の導入工程の流れについて説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。