資料の紹介

 ファイルサーバーのクラウド化に頭を悩ませている担当者は多いのではないだろうか。オンプレミスの場合にはサーバーの機種を選ぶだけでよかったのが、クラウド化するとなると、構成も複雑になるうえ、多くの選択肢からどれか一つを選ぶのはなかなか大変だ。

 例えば、運用方法ひとつをとっても、IaaS、SaaS、フルクラウド化せずにハイブリッドで運用、など多種多様な選択肢がある。あるいは、すでにAWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azure、Boxなどのアカウントを持っているが、これを適用できるかどうか判断がつかない、といったケースもあるだろう。

 本資料では、オンプレミスのファイルサーバーからクラウド環境への移行を検討している担当者向けに、SaaS、ハイブリッドクラウド、フルクラウドそれぞれの特徴、利点を説明。最適な移行先を選ぶためのチェックリストも用意した。あわせて、クラウドへのデータ移行やクラウドでのファイル管理に役立つ管理ソフトも紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。