資料の紹介

 企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)化に期待する効果として、人工知能(AI)やデータ収集・解析技術による業務効率化、生産性向上がある。こうしたAIやデータ処理技術は、既にWebアプリケーションなどにおいては、PythonやAI関連ライブラリーを使って、手軽に導入できるようになってきている。

 産業分野でも、言語やライブラリーに加え、様々な入出力モジュールを用意して、産業機器のAIアプリケーション対応を支援するプラットフォームが提供され始めている。では、こうした環境を使って、機械学習や、高精度なデータ収集・解析を行う産業向けAIアプリケーションを開発するには、具体的にどうしたらよいのか。

 本動画では、産業機器のAI対応を支援するプラットフォームの導入から、実際のAIアプリケーション開発、動作確認までの一連の流れを説明する。開発環境を構築し、アプリケーションプログラム作成、コントローラーへの転送、作成したAIプログラムを起動し、機械学習、データ処理の様子を確認するまでを、数分で体験できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。