資料の紹介

 自動車産業に関わるメーカーは、製品開発期間の短縮に加えて、新たな複雑性に対応するシミュレーションを導入し、品質の高い製品を低コストで継続的に納入する必要に迫られている。

 一方、技術は時間とともに、属人性が高まりやすい。持続的なビジネスを行うには、担当者個人が経験の中で蓄積してきた知見を「見える化」して共有することが重要だ。電気自動車向けの次世代パワートレーンを開発している武蔵精密工業も、時代に即した事業戦略を実行する上で、知識やノウハウの共有を社内の課題の1つとしている。そこで同社は、製品開発を支援するデジタルプラットフォームを新たに導入した。

 本資料では、品質維持と開発期間短縮、低コスト化の同時実現を目指した開発支援デジタルプラットフォームについて、具体的な事例を説明している。今後の取り組み内容への期待感や考えも説明されている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。